postheadericon 学ぶということ

昔から塾に通う子供というのはかならずいるものです。最近では特にそれが顕著で、大抵の子供は何らかの習い事をやっているのがほとんどです。しかし、それでも成績の差というのは出てくるものです。
なぜ塾に通わせているのに成績が悪いのか。子供のアタマが悪いせいか、それとも塾の教え方が悪いせいか。それはどちらでもありません。

人には、向き、不向きというものが有ります。考えて行動するのが苦手な人も入れば、考えるけど怖くて行動するのが怖いというタイプの人も居ます。人の考えや好みはそれぞれであり、それは勉強にも影響を与えます。
例えば競争心が強く、負けず嫌いだった場合は塾は実に適していると言えます。塾には他にも同じ世代の子供がおり、その子供に負けまいと勉強を頑張るからです。反面、一人で行動するのが好きで、競争とかが嫌いなこの場合は、かえってこう言った場所に身を置くと萎縮してしまい、勉強をする気がなく、効果が薄いんです。

頭の良さというのは環境で決まるんです。つまりその子供に適した勉強の環境ならば成績は上がり、適していない環境だとあまり伸びないんです。

これは塾だけではありません。家庭教師でも、英会話スクールでも同じです。良い家庭教師についてもらっても、英語を覚えさせるために英会話スクールに通わせても、子供が学び取ろうとしなければどこも同じく効果は薄いんです。
では、どうやって子供の成績を上げることが出来るのか。それは子供の性格を把握することです。そうすれば塾だろうが家庭教師だろうが英会話スクールだろうが、どこでも子供は学び取り、成長します。
ここでは塾、家庭教師、英会話スクールの特徴を元に、どんな子供が向いているかを見て行きましょう。

おすすめサイト

愛知で塾を探しているなら月謝が大変お得なこちらへ:個別指導塾スタンダード

英検対策はきちんとしたスクールで学びましょう:日米英語学院